10年SEやってみたけど転職しておけば良かったと後悔している。SE辞めたい!異業種・異業界に転職したい!新人・若手に伝えたいこと

SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった…

無茶振りばかりしてくるお客さん

SE悩みあるある

押しに弱く頼みを断れない性格はSEに向いていない。無理な要求を突きつけられた時の対処法

投稿日:2018年7月31日 更新日:

SEの仕事は基本的にはお客さんと1対1で取引をしていきます。BtoB(Business to Business)であり、BtoC(Business to Consumer)ではないことのほうが多いです。

お客さんと自分の関係は対等ではありません。どこの世界だってお金を出してくれる側は『お客様』であり、『お客様は神様』です。

お金を出す側のお客様は神様ですので、時にはとんでもない無理を言う人もいます。

こちらもビジネスですので、もらったお金の範囲までしか仕事をしてはいけないのですが、押しに弱い人だとゴリ押しに負けてしまう人もいるでしょう。

SEに向いていない人の性格!押しに弱くて人の頼みを断れない人

ゴリ押しをするお客さんがいる

お客さんの中には、お客さん自身が、

お客様は神様。だから俺は神。

という考えを持った人がいます。

こういうパターンはたいていゴリ押しをするお客さんです。

上から目線で威圧的な言葉を投げかけてきます。

新規追加をバグ扱いしてくる

どう見てもこれは新規追加だろ…

というような内容でも、

これはお前が埋め込んだバグだろ!?直せよ!!無料で!!

というゴリ押しをしてくることがあります。

威圧的な態度、言動で攻めてくるため、

…はい、わかりました…修正させていただきます…もちろん費用はいただきません…

と、押しに弱い人だと上記のように返してしまいます。

ここで引き取ってしまうとほぼ100%の確率で上司に怒られます。

なんでお金もらってないのに新規の案件引き受けてくるんだ!?

と。お客さんと上司に挟まれ苦しい思いをするでしょう。

無理難題を押し付けてくる

お客さんの中には無理難題を押し付けてくる人もいます。

…いや、これはどう考えても実現不可能。

こちらも実現不可能であることを一生懸命伝えるのですが、わかってくれない。

説明がヘタなのか、無理だとわかってはいるけどどうしても必要なのか。

あまりにも難易度が高いし予算も少ない。そして必要なスキル要件を満たしている人材もない。

そんな状況においてやれと言ってくる。いったいどうすればいいのか?

打ち合わせを繰り返しても答えは出ず、時間ばかりが経過していく…。よりいっそう実現性が薄れていく。

こういう状況になってくると、お客さんと上司から、

いいからさっさと作業を始めろ!!

という流れになってきます。

無計画のまま開始する作業。当然ながらうまくはいきません。

上司もなぜGoをかけたのか?その答えは、SEはお客さんとの関係を維持するために、赤字になってでもやらなければならない仕事があったりするのです。

赤字になったら誰の責任になるの?

もちろん、作業を引き受けたわたしやあなたになります。

…そんな理不尽な…

理不尽がまかり通ってしまうのがSEという職業です。ただし、もちろん部下の責任は上司の責任でもありますので、上司自身も評価は下がるでしょう。

仕事を請け負う側というのはいつだって立場は弱いものです。お客さん、上司の圧力にも負けず、しっかりNoと言い、それでもやれというならプロジェクト異動・部署異動させろと言うべきでしょう。

短納期を要求してくる

わたし自身も今現在、リアルタイムで悩んでいるのが短納期を要求してくるお客さんです。

頭悪すぎだろ!!

と思うようなお客さんがいるんです。

これ、いつできるの?
いやぁ、ちょっと調査してみないとわからないです…
じゃあ調査はどれくらいでできるの?1時間?2時間?
いや、何時間という単位ではなく…何日という単位で…
じゃあ何日後に結果わかるの?明日?明後日
……

SEにとって調査という工程は全体の仕事の半分を占めているといっても過言ではありません。結果を早く知りたいという気持ちもわかりますが、調査を怠ると96.18%の確率で後工程に影響を及ぼします。

想定しないバグが出たり、実は設計に漏れがあったり。

どんなお客さんが答えを急いでも、軽はずみに答えないようにしましょう。押しに弱い人だとうっかり『やります!』と答えてしまいそうですね。

調査には2週間かかります!!

と言えば、

なんでそんなにかかるんだよ!?1週間もかからないだろ!!

と怒るおきゃくさんもいます。しっかり理由は説明できるようにしましょう。とにかくひたすら調査を手抜きすることで発生するリスクを並べれば良いのです。

こちらが2週間でと伝えて時間かかりすぎ、1週間でできるだろと言われると、

…じゃあ一週間で…

と答えてしまいそうになります。ですが、実際に1週間でやろうとすると、

…やっぱ1週間じゃ無理だった…2週間…むしろ3週間必要だった…

ということがよくあります。日程を再計画するにしても、

1週間でできるって言ったじゃん!!1週間でやれよ!!

と言うでしょう。

お前が言わせたんだろが…。

もうこうなっては仕方がないです。残業でも休日出勤でもしてなんとかやっつけるしかありません。次回からは必ずNoと断れるようにしましょう。

できないなら、

…とりあえず一回この話は持ち帰ります!

と答えるようにしましょう。上司と相談してください。

まとめ

  • 押しに弱くて頼みを断れない人はSEに向いていない。
  • お客さんからのゴリ押しはよくあること。
  • 理不尽な要求、不可能な要求がある。
  • お客様が神様でも逆らわなければならない時がある。

お客さんは神様ですので、わたしたちSEというのは立場が弱くなってしまいます。

大切なのは立場が弱かろうと理不尽な要求、不可能な要求には絶対に『やります!』と答えてはいけないということです。お客さんは神様ですがお金をくれるから神様なわけであり、お金をもらっていないのであれば神様でもなんでもありません。

押しに弱くて断れないという人はSEから足を洗ってしまったほうが良いでしょう。SEはSEでも社内SEであれば開発することはないし、何より『お客様』が存在しません。どちらかというと自分が『お客様』になります。外部にシステム開発を発注したりしますので。

Noと言える勇気はSEだけではなく、すべての仕事においても大切なスキルの一つです。仕事で一番やらかしてはいけないことは、

できないことを、できると言ってしまうこと

…です!できないことはできないと言いましょう。自分はどこまでできるのか、どこからできないのか、しっかり見極めてください。

  • この記事を書いた人
sakamoto

sakamoto

10年以上SEを続けている現役のSE。3年は続けろという言葉を信じた結果、3年後にはSEを辞められなくなり、スキルさえ上がればと思い10年続けるもセンスが無く中途半端に仕事ができるばかり。日々、バグを出しながらメンタルをすり減らしながらSE続けてます。

-SE悩みあるある

Copyright© SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.