10年SEやってみたけど転職しておけば良かったと後悔している。SE辞めたい!異業種・異業界に転職したい!新人・若手に伝えたいこと

SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった…

客先常駐SEは派遣先でカースト最下層です

SE悩みあるある

[SIer]客先常駐のSEは派遣先の企業でお客様に見下されながら仕事をしている件

投稿日:2018年8月2日 更新日:

先日下記の記事を書きました。

上記の記事で書いたのですが、お客様の自慢話がウザイというもの。

自分で書いていて思ったのですが、ちょっとネタにするには最高だなぁと思い、個別の記事を起こしてみました。

客先常駐のSEは派遣先の企業でお客様に見下されながら仕事をしている

IT業界に存在するカースト制度

IT業界には目には見えないカースト制度が存在します。これは明示的なものではなく暗黙的なものです。

これはIT業界の構造上、仕方のないことでもあります。

  • IT業界は下請けが基本。
  • いわゆるゼネコン。
  • 下請けの下請けの下請けの…といった、孫請、ひ孫受けがよくある。
  • SEの多くは正社員だがどこかの企業に派遣されて労働力として働いている。

SEでまともな正社員というのはIT業界の中でも半分ぐらいしかいないのかもしれません。逆に言えば、SEはしっかりした正社員、メーカーやweb系など、下請けをしない企業の正社員になればホワイトである可能性が高く、SIerといった下請けや派遣がメインの企業でSEをやるとブラックの可能性が高くなります。

ここで着目すべきが派遣業をメインとした企業のSEです。正社員として雇われているはずなのに、さまざまな企業に労働力として派遣されていきます。

客先常駐SEのカーストは低い

派遣されたSEというのは、派遣先の企業にとってはそこらの登録制派遣会社の派遣社員と一切差はありません

俺は正社員だ

と本人は思っていても、派遣社員は派遣社員です。派遣元で正社員で雇われていようが契約だろうが登録だろが、全く関係ないのです。

ゆえに、派遣先の企業のお客様からは、正社員のはずなのに派遣社員…アルバイトと同じレベルにすら見られてしまいます。

お客様は大企業・高学歴

派遣社員を受け入れる企業というのは基本的ににはお金に余裕のある企業です。お金に余裕のある企業というのは大手企業であることが多いです。

大手企業にお勤めのお客様には高学歴な方も多いです。

なぜ高学歴であることを知っているかって?学歴アピールする人がいるからです!

わたしは以前、客先常駐メインのSIerで派遣のSEをやっていました。大手企業にも派遣されたことがあります。

聞いてもいないのに卒業した大学の話を聞かされることもあるし、何やら『学閥』とかいう派閥もあるみたいですね。

まぁわたしは派遣SEやってたぐらいなので学歴は低いです。最終学歴は専門卒です。

まれに、露骨に人間を見下すお客様がいる

まれにではありますが、お客様には露骨に派遣社員・派遣SEを見下す人もいます。そういう方にとって派遣社員というのはもはや人間ではないのです。

エレベータを使おうものなら、

…チッ!派遣社員がエレベータ使うなよ!

というような態度を取られることもあります。

また、別の人が体験したことではありますが、

…派遣社員ならエレベータのドアくらい抑えておけよ!

というのもありました。

あまりにも惨めな客先常駐の派遣SE

客先常駐のSEというのは悲惨です。お客様からは見下されてしまうことが多いし、見下されていなくても劣等感を感じてしまいます。これが毎日、会社にいるだけで窮屈な思いをするのです。

負け癖が付く。この一言に尽きるでしょう。もっと勉強しておけばよかった、いい大学に入っておけばよかった。後悔ばかりです。

まぁわたしの場合は勉強してもいい大学入れたかわかりませんが。

もし、あなたが客先常駐のSEをやっているというのであれば、それはいつかは転職をしなければならないでしょう。

客先常駐のSEは派遣元企業にとっても人間が商品でしかなくキャリアアップも見込めません

商品には賞味期限があります。

30歳あたりから転職はむずかしくなるため、早めに行動を起こしたほうが良いでしょう。

『派遣至高主義』もいるが…思い込み

しかし、派遣社員の中には、

派遣社員こそ至高の職業!仕事ができるやつは派遣をやる!

と、勘違いしている人もいます。

お客様の中に、まれに露骨に人を見下す人がいるように、派遣社員の中にも『自分こそ至高の人間』と勘違いしている人がいるのです。

…ったく、これだから正社員は仕事できなくて困るんだよな~!

とか。おいおい、お客様に向かってそれはちょっと…と思うような言動・行動ばかり取ります。

わたしは派遣のSEであることに劣等感を感じて生きてきましたが、このように勘違いできるタイプというのはうらやましく感じます

もし、今この記事を読んでいるあなたが客先常駐の派遣SEで、『俺はできる派遣社員だ!』と思っているようであれば、それはただの勘違いですので早めに気づきましょう。不適切な言動や行動で派遣SEのイメージが下がります。一般の人がとばっちりを受けているのです。

具体的な自慢話

お客様がわざわざ派遣SEを呼び出して飲み会を開催

お客様の中には人を見下すことに生きがいのようなものを感じている人もいます。わたしが実際に体験した中では、わざわざわたしのような客先常駐の派遣SEを呼び出して、クレームやら自慢話をするための飲み会が開催されていました。

おつかれ~、今日はこのあと予定ある?
この後は予定が…。
じゃあ飲み会行こうか~
え!?いや、今日はちょっと…
え?俺、お客様だよ?
…はい、行かせていただきます。

…お客様からの飲み会というのは断りづらい、または断れません。

クレーム&自慢話大会

お客様主催の派遣社員を集めた飲み会というのはクレーム&自慢話大会です。基本的にお客様が『無双』したいがために開催されます。

A社さんはあれがダメだ!B社さんはこっちがダメだ!もうC社さんに乗り換えちゃうよ?あの件、またD社さんがやらかしたそうじゃない?

などなど。反省会のようでもありながら、どちらかというとただただクレームをぶちまけてわたしのような派遣SEを見下しています

ちょっと自虐的に考えすぎかな?とも思われるかもしれませんが、だいぶ控えめに書いてもこんなものです。

お客様は年収750万円では足りないらしい

そのお客様は飲み会を開催するたびに年収自慢をしてきます。具体的な今の年収は答えないのですが、

みんな、転職活動だけはしておいたほうがいいよ~。自分の市場価値を見極めるんだ!

と言います。転職活動で応募した企業で、自分にはいくらの報酬が出せるか、ということを聞き出せという意味です。そうすることで自分の適正年収を知り、市場価値を知るということ。これは一理あるな、とは思いましたが。

お客様はこう言います。

こないだ受けた企業は年収低すぎ!750万円だってよ~!少なすぎ!!

とか言います。年齢は40歳前後、大企業にお勤めで高学歴の方ならこれぐらいが普通なのでしょうか?

われわれ派遣社員はこの話を聞いて『おぉ~…』というリアクション、なりますよね。最初のうちはわたしもおどろきはしましたが、さすがにこう何度もしつこく年収自慢されると…ウンザリです。

推定年収750万円以上なのに…

実際のところ、そのお客様の年収がいくらなのかということはわかりません。そればかりははっきり答えてくれないのです。(おそらくですが、年収は700万前後と予想されます。750万円を少ないと言っているのは自慢したいだけかと。)

そんな高年収と思われるお客様なのですが…

いや~、今日もたくさん飲んだね。店員さ~ん、おあいそ!…合計2万円だから…じゃあ1人4,000円で!

 

…さんざん年収自慢しておいて割り勘にするんかい!!

 

ちなみに、こういった飲み会はわたしが勤めていた会社では接待費にはなりませんでした。経費では落ちなくて自腹です。

4,000円を払って2時間、クレームと自慢話聞く仕事…時給マイナス2,000円のこの仕事はキツイ…

まとめ

  • IT業界にはカースト制度がある
  • 仕事の発注元は大手であり神。
  • 仕事の下請けの下請けの下請け…は底辺。
  • 客先常駐の派遣SEはお客様の会社で仕事をしている分、差別を受けやすい。
  • 派遣社員はお客様のクレーム&自慢話を聞かされる飲み会があったりする。

おそらく、わたしのようにクレーム&自慢大会の飲み会があるというのはレアなケースだと思います。ですが、これは確実に存在するお話です。ハズレを引くか引かないか、それだけの話。

IT業界にいる限りこういった構造が存在しますし、客先常駐は下請けのSEをやっていればこの負の連鎖からは抜け出せません。それでもSEをやるって人はこういったことに耐えているだけなんですよね。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、残業や休日出勤が多い…そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキングでご紹介します。

転職エージェントを利用した転職をすることで転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につながります。

レバテックキャリア

求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特価した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特化の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

 

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

リクルートエージェント

求人数は非公開、最大手の転職サイト『リクルートエージェント』なので…(想像におまかせ)。

エージェントの質や満足度については良い意見も悪い意見もあるが、それだけ多くの方に利用されているということ。対応地域は全国。

最大手転職サイトの1つに数えられるであろう、『リクルートエージェント』です。

IT業界に特化した転職サイト・エージェントではありません。IT業界はもうイヤだ!と思ったらここ。

求人数は非公開ながらも最大手ですので少ないはずがありません。また、転職といったらここと言えるぐらいの規模ですのでエージェントの経験も豊富なのも間違いありません。

異業種・異業界へ転職したい…そんなあなたの悩みをまじめに聞き、きっとマッチした企業への転職を成功させてくれるでしょう。

  • この記事を書いた人
sakamoto

sakamoto

10年以上SEを続けている現役のSE。3年は続けろという言葉を信じた結果、3年後にはSEを辞められなくなり、スキルさえ上がればと思い10年続けるもセンスが無く中途半端に仕事ができるばかり。日々、バグを出しながらメンタルをすり減らしながらSE続けてます。

-SE悩みあるある

Copyright© SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.