10年SEやってみたけど転職しておけば良かったと後悔している。SE辞めたい!異業種・異業界に転職したい!新人・若手に伝えたいこと

SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった…

SEは離職率の高い職業?

SE悩みあるある

SEは離職率の高い職業なのか?離職率が多くなる理由・原因は?

投稿日:2018年8月13日 更新日:

SEは35歳で定年。SEという職業をやっているとそんな話を何度も聞きます。なぜかIT業界ではない人からもそう言われます。

35歳で定年…SEは離職率の高い職業なのでしょうか?35歳を超えたSEはみんなどこへ行ってしまうのでしょうか…?

10年以上SEを続けていますが…SE35歳定年説は都市伝説です。

  • プロジェクトリーダーへキャリアアップする。
  • 運用・保守側へ異動する。
  • SEを続ける。
  • 異業種・異業界へ転職する。

こんなところでしょう。

SEは離職率が高いのか?と聞かれれば、どちらかといえばNoです。高い方かもしれませんが、特別高いわけではないと思います。

その理由を解説します。

SEは離職率の高い職業なのか?離職率が多くなる理由・原因は?

SEはさほど離職率の高い職業とは言えない

最初に結論から書きますが、SEは離職率が高いように言われますが、わたしの体感としましてはそんなことはありません。

しかし、離職率がやたら高い企業が存在するのは事実です。わたしが就職活動をしていた時、毎年500人採用しているのに30代の社員がほとんどいないというような会社を見たことがります。

一方、わたしが現在勤めている会社は300人程度の規模ですが、1年に退職者が1人いるかどうかぐらいです。

離職の原因は企業と人の2つある

離職の理由・原因には2つのパターンがあります。

  • 企業

やたら離職率の高い企業や、やたら転職を繰り返す人・そもそもSEとしての適正がない人がいます。

SEだから離職率が高いわけではありません

離職率の高い企業や、適正がなく転職・退職するのが必然な人がいるから離職するし、離職率が高くなるんです。

離職率の高い企業の特徴

わたしが今までに見てきた離職率の高い企業の特徴というのは下記です。

  • 小規模なSIer
  • ITベンチャー

企業規模が小さいIT企業だと、自社内に自浄機能を持ち合わせていないため、ワンマン経営になってしまったりサービス残業を強要されたり、腐った体制になりがちです。

SIerは就職活動の時に知識を持っていないと見抜けなかったりするのですが、特徴としては下記です。

  • 資本金が少ない。
  • 社員数が少ない。
  • 企業規模が小さいのに事業内容が広すぎる。
  • 自社製品・自社サービスを持っていない。

ITベンチャーも密かな人気のようですが、わたしの体感としましては辞めておいたほうが良いです。

ITベンチャーは急成長する!当たるとデカイ!

とは言いますが、当たらない可能性もあるし急成長する会社は落ちる問もあっという間だったりします。

経営者側はほんの一瞬でも稼げれば、それだけで何億も手に入れられるのでしょうけれども、一般的な会社員の場合は一時的に大きなお金が入ったとしても億には届きません。そんなことより30年~40年、給料は少なくても安定してお金が入ってくるほうが大切です。

離職する人の特徴

どんなに優良なIT企業の入社できたとしても、本人にSEとしての適正がなければSEは続けることができません。

たとえ適正があったとしても、性格的に不向きであるというケースもあります。

SEという職業は高度なスキルが要求される仕事ですので、人が仕事を選ぶというよりは仕事が人を選びます

SEにはなってみたものの、3年以内に異業種・異業界へ転職してしまうという人は多いです。

まとめ

  • SEだから離職率が高いわけではない。
  • SEの離職率が高くなってしまうのは企業や人による。
  • 離職する人は、辞めるべくして辞めるケースが多い。

IT業界には地雷のような企業がまだまだたくさんあります。

最近ではブラックなところは減ってきたように感じますが、一生続けていける企業なのかと言われるとそうとは言えないところが多いです。

SEを一生続けていくなら自社製品・自社サービスを持った企業以外にはありえないのではないでしょうか…?

しかし、良い企業を選べたとしても、適正や性格の問題もあります。適正がなければ続けていても苦しいだけです。SEはストレスの多い仕事のため、受け流せるような性格でないと長くは続かないでしょう。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、残業や休日出勤が多い…そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキングでご紹介します。

転職エージェントを利用した転職をすることで転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につながります。

レバテックキャリア

求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特価した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特化の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

 

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

リクルートエージェント

求人数は非公開、最大手の転職サイト『リクルートエージェント』なので…(想像におまかせ)。

エージェントの質や満足度については良い意見も悪い意見もあるが、それだけ多くの方に利用されているということ。対応地域は全国。

最大手転職サイトの1つに数えられるであろう、『リクルートエージェント』です。

IT業界に特化した転職サイト・エージェントではありません。IT業界はもうイヤだ!と思ったらここ。

求人数は非公開ながらも最大手ですので少ないはずがありません。また、転職といったらここと言えるぐらいの規模ですのでエージェントの経験も豊富なのも間違いありません。

異業種・異業界へ転職したい…そんなあなたの悩みをまじめに聞き、きっとマッチした企業への転職を成功させてくれるでしょう。

  • この記事を書いた人
sakamoto

sakamoto

10年以上SEを続けている現役のSE。3年は続けろという言葉を信じた結果、3年後にはSEを辞められなくなり、スキルさえ上がればと思い10年続けるもセンスが無く中途半端に仕事ができるばかり。日々、バグを出しながらメンタルをすり減らしながらSE続けてます。

-SE悩みあるある

Copyright© SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.