10年SEやってみたけど転職しておけば良かったと後悔している。SE辞めたい!異業種・異業界に転職したい!新人・若手に伝えたいこと

SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった…

一人で考え込んでしまうSE

SE悩みあるある

仕事がわからない!一人で問題を抱え込んでしまうSEはどうすればいいのか?どういうリスクがあるのか?

投稿日:2018年8月3日 更新日:

SEの仕事というのは孤独です。毎日毎日ひたすらパソコンのディスプレイに向かってキーボードをカタカタと打ち込みます。

SEはコミュニケーション能力が大事!

と言う人もいます。たしかにコミュニケーション能力があったほうが有利であることは間違いないのですが、持っていない人もたくさんいますし、どちらかというとSEはインドア派な人が多いので人と話すのが苦手です。

他の一般的な職業と比較するとSEはコミュニケーションを取る機会が少なく、人間関係の面倒臭さがある程度少ない職業ではあります。これはメリットである反面、デメリットでもあります。

たとえば、悩みを抱えてしまった時に相談する相手がいない、相談しづらい。つまり、問題を一人で抱え込んでしまいやすいのです。

仕事がわからない!と1人で問題を抱え込んでしまうSE

SEの仕事はむずかしい

まず最初にわたしは主張したい。

SEの仕事はむずかしい!

SEがたくさんいる職場にいると、プログラミングや最先端技術の習得が当たり前のように感じてしまいますが、これは世間一般で見れば相当むずかしいことをやっているはずです。

考えてみてください。今どきの若い人でもタイピングすらまともにできない人がいますし、ワード・エクセルだってしっかり扱えていません。

SEはタイピングができて当然(まれにできない人もいますが…)ですし、ワード・エクセルなんて『おまけ』でくっついてくるスキルです。

ITスキルの中でも最上位に位置するであろうプログラミングスキル。出来るということは本当はすごいことなんです。

仕事上、『わからない』ことがたくさん出てくる

できて当然のプログラミングなのですが、SEの中にはどうしても理解できない、習得できないという人た一定数います

プログラミングがわからない…

プログラミングに限った話ではありません。仕様や規格、SEの仕事にはわからないと感じる場面が非常に多いです。

仕事がむずかしいのだからわからないということがあっても仕方がないことなのです。

『わかりません』と言い出しづらい雰囲気

しかし、SEの現場では『わかりません』とは言い出しづらい雰囲気があります。

  • 誰だって最初はわからない。
  • わからない = 調べていない、勉強していない。
  • 『わからない』は『怠慢』と見られることがある。

本当は素直に、わからないことはわからないと言わなければならないのですが、それがなかなか言い出せない。わたしもそういう体験をしたことが何度もあります。

実際にわかりませんと言うと、

なんでこんなこともわからないの!?

と怒られることもありましたし、

…え?担当者のあなたがわからなかったら、他に誰がわかると言うのですか?

と返されることもあります。

…だってわからないものはわからないんだもの…

ソフトウェア開発というのは派生開発が多いです。誰かが作ったものを引き継いで開発を続けるというスタイル。ソースコードを継ぎ足す秘伝のタレのようなもの。

わたしだってゼロからすべてを作ってきたわけではありません。調べてみないとわからないことがたくさんあります

SEの強さ = 保有スキルの高さ

SEの強さというのは保有スキルの高さみたいなところがあります。わからないことが多いSEは立場が弱いです。

ここについて教えてほしいんだけど…
わかりません。
じゃあこういう場合はどうなる?
わかりません。
…こういう方針にしてみたらどうだろう?
…わかりません。

何を聞いても『わからない』。『わからない』ということが何度も連続して続くと、その人への信頼を無くしてしまいます。わたしはあまり人を見下したりはしたくないのですが、不思議と心の中で上下関係が決まってしまいます。『あ、この人は自分より下だな』って。

逆に、人からの質問を何でも回答できたり、全然バグを出さないような人だと立場が強い。立場が強いというか『ドヤ顔』をする人もいます。これはこれで態度が大きくなりすぎて迷惑な存在だったりします。

恥ずかしいのか?プライドか?一人で問題を抱え込む

真面目な人ほどわからないということを恥ずかしいと感じるでしょう。

わからないと思ったことを人に聞けない、相談できない。一人で抱え込んでしまいます。

残念ながらこのようなタイプはSEには向いていない性格です。性格を直すか、転職をするか検討したほうが良いです。

断言しますが、わからないことをわからないということは悪いことではありません。恥ずかしいことではあると思いますが。

一番よくないのは、わからないことをわからないままにしておくことです。

わからないままにしておくことのリスク

わからないまま仕事を進めてしまう

自分がちゃんと理解していない状態で仕事を進めるとどうなるか?下記の問題が確実に発生します。

  • 仕様の検討漏れ
  • メンバーとのインタフェースミス
  • プログラミングのロジック間違い

一言で言うと、バグがたくさん出ます!ってことです。

バグが出ると他のメンバーにも迷惑をかけることになります。

  • 他メンバーの日程を遅らせる
  • 他メンバーのテストが無駄になる

バグが発生すれば修正するために時間が取られます。バグの性質によっては作業全体をストップさせることもあります。最悪なのが、今までやってきたテストを無にしてしまうパターンです。

…このバグがある状態でテストしても全く意味がない。

このようなことがよく起こります。しっかり理解した上で作業を進めた上でもバグは出ますが、ある程度はバグの発生を抑えることができます。

バグが1つ発生するとすべてが狂いますので、極力バグを出さないためにも理解して作業を進めなければなりません。こうならないようにするためにも、わからないときはわからないと伝えましょう。わからないと言ったほうが罪が軽いんです。

できないことをできると言ってしまう

何をするのかわかってもいないのにお客さんに、

これできる?

と聞かれ、すかさず、

…できます!

と答えてしまうSEがいます。こういう場合は本当ならば一旦持ち帰るべきです。

できるかどうかは調査をしてみなければわかりません。わかってもいないのにできると言ってしまう。実際にやろうとしたら…実化不可能か、あるいは膨大な費用が必要になる。

あとからお客さんに、

…すみません、やっぱりできません。

というのは許されないことなのです。お客様はもうすでにできる前提で計画を進めてしまっておりますので。

ここでもやっぱり、『わかりません』と伝えるべきなのです。『わからないので調べます』ですね。

わからないというのはたしかに恥ずかしいことではあります。他人からよく思われないのも事実です。

ですが、これもまた上述したように、できないことをできると言ってしまう罪より、わからないと言う罪のほうが軽いんです。

まとめ

  • SEの仕事はむずかしい。
  • わからないと感じる場面はたくさんある。
  • わからないは恥ずかしいことではある。
  • しかし、わからないまま仕事を進めてバグを出す、できないことをできると言う、これらより罪は軽い。
  • 罪を大きくしても辛いだけ。早い段階で軽い罪で精算しておく。

わたしは10年以上SEをやっていますが、いまだにわからないことなんてたくさんあります。昔はわからないことをわからないと伝えるのが恥ずかしいと感じていました。…いや、今でも恥ずかしく思うことはあります。

ですが、わからないということを隠していてもどこかでかならずボロが出ます。そして後で発覚するほど問題は大きくなります。

ならば、早めに、罪が小さい内に精算しておいたほうが良いというわけです。

ただし、あまりにもわからないことが多すぎる、人からの質問に対してほとんど何も回答することができないという人は今後の進路も含めて考えたほうが良いでしょう。

SEは高いスキルが要求されるむずかしい仕事です。実際に仕事についていけない人はたくさんいます。仕事ができなければ辛いし、中途半端に仕事ができても辛いです。SEはある程度のセンスが必要とされる職業で、芽がないと思ったら転職も考えたほうが良いでしょう。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、残業や休日出勤が多い…そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキングでご紹介します。

転職エージェントを利用した転職をすることで転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につながります。

レバテックキャリア

求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特価した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特化の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

 

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

リクルートエージェント

求人数は非公開、最大手の転職サイト『リクルートエージェント』なので…(想像におまかせ)。

エージェントの質や満足度については良い意見も悪い意見もあるが、それだけ多くの方に利用されているということ。対応地域は全国。

最大手転職サイトの1つに数えられるであろう、『リクルートエージェント』です。

IT業界に特化した転職サイト・エージェントではありません。IT業界はもうイヤだ!と思ったらここ。

求人数は非公開ながらも最大手ですので少ないはずがありません。また、転職といったらここと言えるぐらいの規模ですのでエージェントの経験も豊富なのも間違いありません。

異業種・異業界へ転職したい…そんなあなたの悩みをまじめに聞き、きっとマッチした企業への転職を成功させてくれるでしょう。

  • この記事を書いた人
sakamoto

sakamoto

10年以上SEを続けている現役のSE。3年は続けろという言葉を信じた結果、3年後にはSEを辞められなくなり、スキルさえ上がればと思い10年続けるもセンスが無く中途半端に仕事ができるばかり。日々、バグを出しながらメンタルをすり減らしながらSE続けてます。

-SE悩みあるある

Copyright© SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.