10年SEやってみたけど転職しておけば良かったと後悔している。SE辞めたい!異業種・異業界に転職したい!新人・若手に伝えたいこと

SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった…

自信に満ち溢れたSE

SE悩みあるある

SE向いてない?仕事がうまくいかない時の心構えとSEに本当に求められるもの

投稿日:2018年7月8日 更新日:

SEの仕事というのは世間一般の職業と比較すれば難易度の高いほうでしょう。

IT業界に入ってきてもプログラミングを習得することができずに辞めていくという人もたくさんいますからね。

じゃあプログラミングができれば仕事ができるのか?というと、そういうわけでもありません。

SEの本当の仕事はプログラミングでソフトウェアを作ることではなく、お客さんが抱えている問題を解決することです。

プログラミングはあくまでもSEとしての入り口、仕事のための手段でしかない。それすら習得できない人がたくさんいるってぐらいなので、仕事でうまくいっていないSEというのもたくさんいるでしょう。

今回は仕事がうまくいかないと悩むSEたちに向けたメッセージです。

仕事がうまくいかないと悩むSEたちへ

SEの仕事はむずかしい!ということを受け入れる

まず最初に、SEの仕事というのはむずかしいということを理解しておいてください。

でも周りの人、先輩とかはなんなくこなしているように見えるけど?

見えるだけです。SEのうち7割は頭を抱えて苦しみながら仕事をしています

自分が大変なときは周りがみんなうまくやれているように見えてしまうものなのです。なぜか自分だけができていない…そう錯覚するんです。

よく見てみるとわかるのですが、自分と等しいってぐらいうまくやれてないって人が必ずいます。

むずかしいことができない、うまく仕事をこなせていない。そんな自分が悪いわけではないんです。むしろ、SEはほんのわずかでも仕事を進められれば良いほうなんです。

むずかしい…だからミスをする

ソフトウェアにはミスがつきものです。たとえばバグの発生など。

なぜソフトウェアはむずかしいのか?その答えは…

ソフトウェアには答えが複数存在するからむずかしい!

ということです。

お客さんが抱える問題を解決するのがSEの仕事です。その問題解決のアプローチは1つではありません。こちらが最適と思われる案を提案するのですが、2個3個と思い浮かぶはずです。

いったいどれが最適なのか?これを間違えるとあとで痛い目見ます。だからむずかしいと悩むんです。

考えて考えて考え抜いた結果…やっぱりA案じゃなくてB案だったわ…なんてこともよくあります。作り終わったとに気づくのが厄介です。

結果、とてもメンテしづらいソフトウェアが完成してしまい、それを永遠とサポートするという地獄に落ちます。

時には人から、

お前、なんでこんな設計にしたの?

と責められることもあるでしょう。でもこれは仕方のないことなんです。ミスをした人が悪いのではない。『バグを憎んで人を憎まず』の精神でいきましょう。

みんなミスしてる

ミスが発生しやすい仕事なわけですが、あなただけがミスをしているのではありません。

あなたが尊敬する先輩も、過去にたくさんの成果を出して昇進した上司も、全員たくさんのミスをしてきています。

わたしはこういうとき、『罪を重ねる』という表現を使ったりするのですが、みんな過去にたくさんの罪を犯してきています。

ソースコードを見ているとわかるのですが、過去の罪が精算されずに残っているものも多くありますね。

#ifdef _SUZUKI_DEBUG_
	処理X; /* 消すとなぜか動かなくなる */
#endif
辞めてくれ。本当に辞めてくれ。

そんなSUZUKIさんも今では課長をやっています。聞いてみても『忘れた』という回答しか返らない。

みんなそんなもんです。仕事をうまくこなせるかどうかのギリギリのラインで精一杯仕事しているんです。

ミスを無くすのではない。ミスを減らすのである。

SEをやっていて仕事がうまくいかないと悩む人は完璧主義な傾向があるのでしょう。

ソフトウェア開発というのはまだまだ未成熟だし、0か1しかない世界なのでちょっとしたミスでも致命的なバグにつながったりします

物理的な世界ならばそんなことは起こらないのですが、論理的な世界の場合はミスをゼロにするということは不可能と思って良いでしょう。

ミスを無くすのではなく、ミスを減らせるよう努力します。

  • 開発対象についてよく知る・調査する。
  • 工程ごとにレビューをして第三者を巻き込んでいく。

よく仕事ができる人ほど、上手に人を頼ります。そういう人はわかっているんです。自分の意志の外にある問題にはどうしても気づくことができないということを。

また、レビューをすることで問題が起きても『気持ち的に連帯責任』となるので精神的に楽になります。

自分を守ることができるSEこそ一人前

わたしが考える仕事のできるSEとはなにか?

自分の身を自分で守れるSE。

これです。

SEというのはうつ病といった精神疾患を患う可能性が高い職業です。その理由としては、

  • ミスが許されない現場なのにミスが発生するのが必然。
  • バグ1つで会社の経営を揺るがしかねないプレッシャー。
  • むずかしい仕事を当たり前のようにこなさなければならないという風潮。
  • お客さんと上司からの圧力・ストレス。

わたしは10年SEやっていますが、けっして平坦な道ではありませんでした。というか未だに<strong>ギリギリ続けられているようなものです。

会社をひっぱっていくような超弩級なSEですらうつ病になって会社を辞めていきます。たいして仕事ができないけど図太いSEのほうが最後まで残ります。

SEというのは技術力ではなく、いかに自分を上手に守っていけるか、それこそが本当に求められることなんです。

自分を守れないSEはどれだけスキルが高くても続きませんよ。

まとめ

  • SEの仕事はむずかしい
  • ミスが起こっても仕方がない
  • できるだけミスを減らす努力はする
  • 最後は自分を守る術を身につける

SEという職業は完璧主義な人ほど続きません。これは断言できます。

SEに向いている人はどんな人ですか?

と聞かれたならば、わたしは迷うことなく『ストレスと上手につきあっていける人』と答えます。

スキルなんて2番目です。まずSEを続けられること。これが何より大事であり、続けるために必要なことがストレス耐性ということ。

これができないならSEは早めに見切りをつけたほうが良いでしょう。わたしはそういった耐性がないから毎日ギリギリです。あと数十年これが続くと思うと…ちょっと将来心配ですね。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、残業や休日出勤が多い…そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキングでご紹介します。

転職エージェントを利用した転職をすることで転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につながります。

レバテックキャリア

求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特価した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特化の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

 

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

リクルートエージェント

求人数は非公開、最大手の転職サイト『リクルートエージェント』なので…(想像におまかせ)。

エージェントの質や満足度については良い意見も悪い意見もあるが、それだけ多くの方に利用されているということ。対応地域は全国。

最大手転職サイトの1つに数えられるであろう、『リクルートエージェント』です。

IT業界に特化した転職サイト・エージェントではありません。IT業界はもうイヤだ!と思ったらここ。

求人数は非公開ながらも最大手ですので少ないはずがありません。また、転職といったらここと言えるぐらいの規模ですのでエージェントの経験も豊富なのも間違いありません。

異業種・異業界へ転職したい…そんなあなたの悩みをまじめに聞き、きっとマッチした企業への転職を成功させてくれるでしょう。

  • この記事を書いた人
sakamoto

sakamoto

10年以上SEを続けている現役のSE。3年は続けろという言葉を信じた結果、3年後にはSEを辞められなくなり、スキルさえ上がればと思い10年続けるもセンスが無く中途半端に仕事ができるばかり。日々、バグを出しながらメンタルをすり減らしながらSE続けてます。

-SE悩みあるある

Copyright© SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.