10年SEやってみたけど転職しておけば良かったと後悔している。SE辞めたい!異業種・異業界に転職したい!新人・若手に伝えたいこと

SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった…

エンジニアを1年でやめた結果

SE悩みあるある

新卒1年目でSE辞めた結果!SE歴10年の私が実際に見てきた5つの体験談

投稿日:2018年6月26日 更新日:

わたしはSEを続けてかれこれ10年経過しました。

長くSEをやっている間に、たくさんの仲間との別れがありました。

長くやっていなくてもいきなりSE辞めた人もいます。新卒1年目でのSEから異業種・異業界への転職です。

新卒1年目だけどSE辞めたいと思っている人も多いでしょう。

  • こんな短期間で転職したら世間体が悪いのではないか?
  • スキルもないのに転職なんてできるのだろうか?

いろいろ不安はあると思いますので、今回はわたしの身近であった、新卒1年目でSEを辞めて転職した人のお話をしたいと思います。

新卒1年目でSEを辞めてみた結果

1.考える仕事が嫌いだ!SEを辞めて自動車販売の仕事に転職

SEの仕事はシステムの設計やプログラミングがメインです。一日中パソコンに向かって頭を抱えてうなりながら作っています。

頭をフル回転させるし、頭の回転が鈍いと効率よく仕事が進められません。わたしも年々頭の回転が鈍っているように感じることがあります。

わたしの同期だったのですが、毎日のようにこう言っていました。

頭を使う仕事が辛い!頭がハゲそうだ!

頭を使いすぎるせいでしょうか?ストレスからでしょうか?いつも『頭がハゲそう』と言っていました。ハゲる要素を感じないぐらいフサフサだったし剛毛だったんですけどね。

もともと彼は体育会系の人であり、一日中パソコンに向かって仕事をするというのが性格に合わなかったのでしょう。

営業のようにいろいろなところを駆け回ったり、身体を動かす仕事のほうが向いているのだろうと本人も周りの人も感じていました。

この人はなんでSEになろうと思ったんだろう?

というぐらい浮いた存在でした。ジョブのミスマッチという理由が一番大きいのですが、彼はSEを辞めて正解だったと思います。

その後、彼と連絡する機会があって近況を聞かせてもらいましたが、もともと車が好きだということもあり、仕事にやりがいを感じていて幸せそうにしていました。

2.プログラミング全くわからない!SEを辞めて事務職に転職

わたしの友人でSEにはなってみたものの、会社の研修を終えてもプログラミングがわからなかった、その後自主的に勉強してみたけどプログラミングを習得できなかった、という人がいます。

わたしも心配になって一緒に勉強したり教えていたりもしたのですが、どうしてもプログラミングを習得することができなかったのです。

プログラミングにはある程度の『センス』が必要になります。

  • 論理的思考
  • ソースコードの読解力

などなど。わたしの体感では10人に1人ぐらいはプログラミングがどうしても理解できないという人がいますね。10人新人が入れば1人はいます。

友人がいつもとても辛そうにしていたのを覚えています。真面目でプログラミングができない自分が許せなくて、勉強だけは欠かさずにやっていました。それでも無理…現実は厳しいです。

…転職しようかな

わたしはその言葉を聞いて正直なところ『安心』しました。応援はしていたもののこの先一生SEを続けていけるとは思えなかったし、続けても不幸になるだけだと思っていましたので。わたしも転職を勧めました。

その後、友人は無事にSEを辞めて転職。文系出身で簿記の資格もありましたので転職後は事務職に就きました。

『仕事がわからない』という辛さから開放され、ずいぶん穏やかな表情になったのと覚えています。

3.忙しすぎて趣味の時間がない!SEを辞めて自営業を始める

ごく稀にですが、新卒1年目で現場の最前線に立たされることがあります。言うなれば『期待のエース』!

わたしは残念ながら期待のエースにはなれませんでしたが、当時期待のエースだった同期をうらやましく思ったものです。

普通、1年目の新卒SEなんてものは毎日定時退社です。たいして戦力にもならないのに残業ばかりされてはお金ばかりかかってしまいますので。

ですが、わたしの同期は毎日22時に帰るぐらいの勢いで残業していました。

めっちゃお金稼げるじゃん、うらやましい

とわたしは思っていました。SEは残業多くて辛いと言う人もいますが、残業をたくさんしないと稼げないという側面もあるんですよね。

しかし、うらやましいとは思っていたのですが、本人は相当思いつめていたようです。その理由は、大好きな趣味である『ゲーム』をする時間が確保できないからだったのです。

ゲームに限らず、趣味の時間は大切です。

  • 9時~22時:仕事
  • 23時~8時:寝る
  • 残り時間はすべて電車の上

こんな人生ではなんのために生きているのかよくわかりません。ただの『働く機械』です。

その後、彼はSEを辞めてゲームショップをオープン。独立して自営業となりました。

たくさんのゲームに囲まれているし、空き時間を見つけてゲームをするし、自由な生活ができてるように見えます。自営業なので不安定な面もありますが、かれこれ10年以上経営できているのでうまくやれているのだと思います。

4.派遣が嫌だ!SEは続けるが社内SEへ転職

新卒でSEになったとき、最初に入る会社を間違えてしまう人は多いでしょう。

その間違えて入ってしまう企業の1つが『客先常駐のSIer、派遣会社』です。自社のSEを派遣させて客先に常駐させる。人材のレンタル料で生きている会社です。

わたしもそうですが、わたしの友人でも何人か入ってしまった人がいます。転職理由で一番多かったのが客先常駐の派遣が嫌だという理由かもしれません。

これは働いてみたらわかる、働いてみないとわからないことなのですが、客先常駐のSEというのは一般的な登録制の派遣社員と扱いが全く同じです。

一応正社員なので、社会保険・福利厚生がある分マシですが…駄菓子にくっついてくる『安っぽいおまけ』みたいな内容だったりします。

一生懸命勉強して、大学を出て、その結果派遣会社に入る。普通に考えればありえないですよね。

なぜそんなことになってしまうのか?

  • 新卒にはIT業界の知識がない
  • IT業界の派遣会社が多く存在する
  • 企業を見抜けず間違えて入ってしまう
  • 企業も派遣会社であることを隠している

派遣されたSEには設計といった上流工程をやらせてもらえないことも多いですし、入社して2週間の研修の後、いきなり前線に派遣されることもあります。

『実践で学んで来い』

と言わんばかりで、派遣先で研修する、みたいな感じ。

当然、派遣先企業としては即戦力として人員を借りるのですが、新人なので対して使えない。その結果、すぐに派遣切りとなりまた別の派遣先へ…。コレの繰り返しです。負のスパイラルにハマって派遣先を転々としていくことがあります。

そんな生活に嫌気が差し、みんな新卒1年目で転職しました。SEをずっと続けるのであれば経験を積む意味でも3年続けても良いかもしれませんが、あまり長くいてもメリットはないでしょう。少なくとも、『終の職場』ではないです。

だいたいみんな社内SEに転職しました。言葉の通り、よその会社に派遣されない、自社内に引きこもりのように滞在できるようになり、とても満足度の高い転職ができたようです。

5.ITに全く興味なし!運転が好きなのでSEを辞めてドライバーへ転職

わたしの友人にITに全く興味を持てないのにSEになった人がいます。なぜSEを選んだのかというと、わたしを含めてわたしの友人グループは全員SEになったからです。

新卒のころって職業の選択肢ってよくわからないんですよね。世の中にどんな仕事があるのかわからない。

やりたいことわからないけど、とりあえずアイツらと一緒の仕事なら無難だろう

と考えてしまうこともあります。ですが、上述したようにSEはわりとセンスを求められます。適正を問われる仕事ですので、『なんとなくノリで』できるような職業ではないと考えています。

やれるにはやれるけど、きっと長くは続かないし続けようとしても苦しいだけ。

SEが性に合わないと思った新卒1年目は、

  • やりたいこと
  • 好きなこと

これらを優先する傾向がありますね。車の運転が好きだったわたしの友人はドライバー・配送業の仕事に転職しました。

給料はSEと比べれば大幅にダウンしてしまったようです。ですが、ある程度身体も動かせるし、車の運転が好きなようで、本人にとっては満足の行く転職だったようです。何より、全く興味のないIT業界から足を洗えたことに満足していたように思います。

まとめ

  • 考える仕事が嫌い
  • 体を動かす仕事が好き
  • プログラミングがわからずSE続けるのは苦痛
  • SEは残業が多すぎて趣味の時間を確保できない
  • SEは派遣が多すぎる
  • ITに全く興味を持てない

SEになってみたものの、新卒1年目で辞めようと考える。実際に辞めて転職してしまう。

理由はみんないろいろありますが、わたしの身近では『ジョブのミスマッチ』・『やりたいことある』という理由が多かったように思います。さすがに1年目でお給料が…という人はいませんね。

いずれにしても、苦痛な仕事を30年~40年と続けていくのは不幸であるとしか言えません。新卒1年目の転職は世間体が悪いように感じるかもしれませんがそれは間違いです。

企業側にとってもジョブがミスマッチしてるなら人材育成を仕上げる前に転職してもらいたいし、適した仕事を探せるのも新卒のうちだけです。

『3年続けたほうがいい』は昔の時代の話です。今の時代で3年も続けたらもう異業種・異業界への道は閉ざされます。早めに手を打つことをおすすめします。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、残業や休日出勤が多い…そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキングでご紹介します。

転職エージェントを利用した転職をすることで転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につながります。

レバテックキャリア

求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特価した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特化の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

 

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

リクルートエージェント

求人数は非公開、最大手の転職サイト『リクルートエージェント』なので…(想像におまかせ)。

エージェントの質や満足度については良い意見も悪い意見もあるが、それだけ多くの方に利用されているということ。対応地域は全国。

最大手転職サイトの1つに数えられるであろう、『リクルートエージェント』です。

IT業界に特化した転職サイト・エージェントではありません。IT業界はもうイヤだ!と思ったらここ。

求人数は非公開ながらも最大手ですので少ないはずがありません。また、転職といったらここと言えるぐらいの規模ですのでエージェントの経験も豊富なのも間違いありません。

異業種・異業界へ転職したい…そんなあなたの悩みをまじめに聞き、きっとマッチした企業への転職を成功させてくれるでしょう。

  • この記事を書いた人
sakamoto

sakamoto

10年以上SEを続けている現役のSE。3年は続けろという言葉を信じた結果、3年後にはSEを辞められなくなり、スキルさえ上がればと思い10年続けるもセンスが無く中途半端に仕事ができるばかり。日々、バグを出しながらメンタルをすり減らしながらSE続けてます。

-SE悩みあるある

Copyright© SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.