10年SEやってみたけど転職しておけば良かったと後悔している。SE辞めたい!異業種・異業界に転職したい!新人・若手に伝えたいこと

SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった…

心が弱いSEは向いていない

SE悩みあるある

バグを出してヘコむ人はSEに向いていない。本当にSEに向いている人とは?

投稿日:2018年7月5日 更新日:

わたしはかれこれ10年以上SEを続けてきていますが、いまだにバグは出します。しょっちゅう出します。

おそらく、若手SEの方はこんなふうに思っているのではないでしょうか?

またバグが出てしまった…ヘコむ。でも経験を積めばいつかきっと減るはず…!がんばろう!

いいえ、そんなことはありません。よく先輩の仕事を見てください。たくさんバグを出しているはずです。

バグを出していないように見えていても、出しています。逃げ方がうまくなっているだけです。

バグが出てしまった…SE向いてないな

どんなにキャリアを積んでもバグは出る

わたしの経験上、どんなに上級のSEになったとしてもバグは出ます。

プロジェクトリーダーを経験することもあるのですが、そういうレベルの人間だってバグは出すんです。

たしかにバグをあまり出さないという人もいます。こういう人は本当に優秀な人です。ですが、これは経験を積めば到達できるものではなく、天性の才能に近いものです。

断言しますが、努力によってバグのないプログラムを作ることはできません。

仕事のやり方・プロセスを見直すことによってバグをある程度減らすことはできますが、最後の最後はセンス・才能の世界です。

大切なのは下記です。

  • バグの量を減らす。
  • バグをできる限り前工程(設計やプログラミング)で除去する。
  • バグは絶対になくならない、必然という考えを持って日程を計画する。
  • バグが出ても気にしない!

バグの発生で人生が狂う

バグの発生というのはすべてを狂わせます。日程を狂わせるのはもちろん、人間の人生させも狂わせます。

もしバグがリリースした製品に紛れ込んでしまったとします。そうなると使っているお客様に多大なご迷惑をおかけすることになります。

問題なのはバグの中身。一番やっかいなのが、

  • 正常に動いているように見えるバグ

これは厄介です。長期間、正常に動いていると思っていたのに実は間違っていた。この場合、使用した期間の分だけ損失になります。大ダメージです。

会社を倒産させてしまうようなバグを出してしまうかもしれない…。

SEの仕事はプレッシャーとの戦いです。

そんな状況に置かれてまともな精神でいられる人ばかりではありません。SEは真面目な人ほどメンタル的に潰れやすい。SEはうつ病になる人が多いのですが原因の1つはここでしょう。

ソフトウェアは0か1かしかない。致命的バグが出るのは必然である。

なぜバグはそんな会社の経営を揺るがすようなものになってしまうのか?

それはソフトウェアが常に『0』か『1』かしかないからです。つまり、『動かない』、『動く』のどちらかしかないということ。

車でも自転車でも、ネジ一本を締める力が100だったとします。これが99になったところでほぼ問題にはならないでしょう。しかしこれがソフトウェアの場合には駅や空港のシステムが止まるような不具合になります。

駅や空港のシステムを1日でも止めるような不具合を出してみてください。もうあなたの一生分のお給料を使っても損失を精算できないかもしれません…。

でもこれは仕方のないことです。企業側だってそれはわかっています。それでもソフトウェアを使うのはスピーディ、かつ、プログラマブルにシステムを改造できるからなんです。

バグは必然と思えないSEは向いていない

重要なのは『バグが出ても気にしない』ことです。

正社員のSEだからこそ、

俺は成果で仕事しているのではない。時間を売って仕事をしているんだ。

という意識を持ったほうが良いです。本当は時間を売って仕事をするのは派遣社員なのですけどね。

SEは時間を売る仕事SEは時間を売る仕事SEは時間を売る仕事…

自分に言い聞かせましょう。

よく考えてみてください。駅や空港のシステムを止めた時、個人に責任取れますか?無理でしょう。一生タダ働きした後に多額の保険金かけてもまだ借金残ると思います。

企業はそういったリスク込みで社員を雇ってシステム開発させてます。企業はそれ以上に稼いでいるという面にも目を向けてみましょう。

バグは必然。そう思えないSEはこの先続けても精神がやられる一方です。

本当にSEに向いているという人は『図太い人』

わたしが考える、本当にSEに向いている人というのは『図太い人』です。

わたしが尊敬する先輩というのは技術面だけではなく、メンタル面でも優秀です。そんな優秀な先輩のマインドというのは、

何が起きても他人事!気にしな~い!

こういった考え方です。とにかくお気楽。会社は会社、自分は自分という考え方。

わたしの先輩ではたった1つのプロジェクトで1年の会社の利益のほとんど消し飛ばしたほどの赤字を出した人がいました。

その時は別の部署の人とかも噂話をしているぐらいのヤバイ状況でした。

…自分だったらもう会社来れないなぁ

と思うほどの出来事だったのですが、先輩はやりきりました。

時間がなくて忙しいと言うのに毎日毎日、お客さんと上司からそれぞれ2時間ずつ説教をくらっている状況でした。毎日22時定時はもちろん、土日出勤もしていたほど。

はっきり言ってメンタルが完全につぶれていてもおかしくなかったはずです。…にもかかわらず、先輩はケロっとしていたのです。

俺は常に他人事だと思っているよ。

とんでもなくクズっぽい意見に聞こえるかもしれませんが、SEにはこれぐらいの気持ちが大切なんです。本当に本当に。

技術力の高いSEというのはたしかに理想的です。ですが、誰もがそうなれるわけではありません。一流の技術者になれなかったとしても家族を養うためにSEを続けなければならない…。理想だけでは食っていけないのです。

会社のことは他人事。それぐらい割り切っていかないとメンタルが潰れてしまうし、メンタルが潰れれば家族を養っていけなくなります。ミス・バグが多い現場だからこそ大切なことなんです。

まとめ

  • どれだけ修行を積んでもバグは出る
  • バグが出るのは必然
  • バグは人の人生まで狂わす
  • 大切なのは割り切ること

SEに向いている、向いていないは技術力ではありません。ミス・バグがつきまとう世界でどれだけ自分を守っていけるかということです。

バグを出してしまうと自分できないなぁ、周りの人はできているのになぁ、と思ってしまうのですが…言うほど周りの人もできていなかったりします。

自分と周りの人、できる人とできない人の差というのは技術面ではなく、どれだけミス・バグを受け入れているかということです。

逆に、超一級のSEだってうつ病を発症して転職した人もいます。

完璧主義な人ほどSEには向きません。そういう人は長く続けても苦しいだけなので転職を考えたほうが良いでしょう。

年収上げたい労働環境改善したいSE向け転職エージェント

年収が低い、残業や休日出勤が多い…そんなSEの悩みを解決するための転職エージェントをランキングでご紹介します。

転職エージェントを利用した転職をすることで転職失敗、ジョブのミスマッチ防止につながります。

レバテックキャリア

求人数は非公開求人を合わせると16,000件以上、対応地域は全国。エージェントの評判が良く、利用者満足度も高い。

レバレジーズ株式会社が運営するIT・Web業界専門の転職エージェント『レバテックキャリア』。

『レバテックキャリア』はIT業界に特価した転職エージェントです。

首都圏や関西、福岡のIT関連の求人に強く、左記のエリアで転職を検討されている方は高い確率で年収アップや待遇の改善が期待できます。

派遣や多重下請けのSIerで低賃金・残業や休日出勤に嫌気が差しているエンジニアは豊富な求人の中から自社開発や一次請け企業を探してみましょう。

数多くの企業と信頼関係を築いており企業ごとに対策をしてくれるため面接などの選考も通過しやすいと評判です。

マイナビエージェントIT

求人数は非公開を合わせて12,000件以上、対応地域は全国。テレビCMでも見かけることがあるほど信頼性のある会社、マイナビが運営するIT特化の転職エージェント『マイナビエージェントIT』。

エージェント、満足度ともに、最大手の転職サイトに相応な高い評価となっています。

 

テレビCMでもおなじみの『マイナビ』です。マイナビがIT業界専門に展開しているのが『マイナビエージェントIT』になります。

マイナビは最大手とも言える転職サイトですが、非公開求人が80%を占めています。

非公開にする理由は応募殺到を抑制するためなのですが、その分だけ、個人に適した企業、あなたにマッチしたを探してくれるということです。

特筆すべき点はweb系、社内SEの転職支援に力を入れているところです。どちらもIT業界特有の派遣や多重下請けがないことが多く、年収や労働環境の改善が期待できます。

失敗しない転職をするならばマイナビがおすすめ。

リクルートエージェント

求人数は非公開、最大手の転職サイト『リクルートエージェント』なので…(想像におまかせ)。

エージェントの質や満足度については良い意見も悪い意見もあるが、それだけ多くの方に利用されているということ。対応地域は全国。

最大手転職サイトの1つに数えられるであろう、『リクルートエージェント』です。

IT業界に特化した転職サイト・エージェントではありません。IT業界はもうイヤだ!と思ったらここ。

求人数は非公開ながらも最大手ですので少ないはずがありません。また、転職といったらここと言えるぐらいの規模ですのでエージェントの経験も豊富なのも間違いありません。

異業種・異業界へ転職したい…そんなあなたの悩みをまじめに聞き、きっとマッチした企業への転職を成功させてくれるでしょう。

  • この記事を書いた人
sakamoto

sakamoto

10年以上SEを続けている現役のSE。3年は続けろという言葉を信じた結果、3年後にはSEを辞められなくなり、スキルさえ上がればと思い10年続けるもセンスが無く中途半端に仕事ができるばかり。日々、バグを出しながらメンタルをすり減らしながらSE続けてます。

-SE悩みあるある

Copyright© SEを10年続けてみた結果!転職したくてもできなくなった… , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.